2011年9月5日月曜日

【展示】「KUNSTSALON」と「Gran Grito」




会期直前の告知になりますが、下記のイベントに作品を出品する事になりました。

「Berliner KUNSTSALON」
会期: 2011年9月7日-9月11日
時間: 水-土:14時-22時、日:12時-20時
会場: UFERHALLEN (Berlin)→地図
オープニングイベント: 2011年9月6日(火)17時から
Kunstsalon Longnight: 2011年9月8日(木)22時30分-26時
http://www.berlinerkunstsalon.de/content-de/aussteller.htm

一人の作家さんとの出会いがキッカケでした。
彼は自分で何かを作るというよりも、色々な作家の展覧会に出掛けては
その様子をビデオに録画しては自分のウェブサイトで紹介する活動をしていて、
僕が始めて彼に出会ったのもある展覧会場でした。

僕の名刺を渡したら、「僕の事を描いて欲しい」と言われたので、
後日、彼から貰った名刺の写真を見て、小さな作品を一枚描きました。
それを彼に見せると今度はもう少し大きな作品を描いて欲しいと言われ、
合わせてお題も出されました。

それは、エドヴァルド・ムンクの「叫び」を参考にして、
彼を描くというものでした。
題名も初めから決まっていて、「Gran Grito」スペイン語で「大きな叫び」という意味だそうです。
東日本での震災、原発事故に非常にショックを受け、それに対する叫びでもあるという事らしいです。
あとこれは僕の推測ですが、彼が僕を選んだのは、彼の想いを表現する時に、
被災地した国の人間でしかもベルリンという、日本から離れた場所、彼と同じ場所に住んでいる事、
そして僕の画風が条件に合っていたのかなと思います。

もしくは単純に僕の作品を見て、そこからアイデアが思い浮かんだのかも知れません。

いずれにしても、僕としては、こうしてお題が出されて制作をするというのは
滅多に無い事なので、最初は戸惑いましたが、なかなかいい経験でした。


今月は初のオープンスタジオを行う予定なので、
それに向けても、いい出会いがあるといいなと思っています。


その作家さん
BERLINER KUNSTKONTAKTER
http://www.berlinerkunstkontakter.de/
TOMOHISA54.com
http://www.tomohisa54.com/