2011年10月23日日曜日

【近況】じりじり



最近は家に篭ることが多くなっている気がします。気がするじゃなくて、実際には圧倒的に家にいる時間が増えました。 生活の為の仕事もパソコンで出来るし、制作も当然家で行うので、ドイツ語学校に行かなくなってからというもの、食料品を買う以外に外に出る必要が無くなってしまっています。 まあそれでもたまには人に会いますが、家にいてパソコンと向き合っていると時間が過ぎるのが本当に早く感じます。 一応働いていますが、半分はニートというか、引き篭もりみたいになっています。日本にいた時には考えられない生活スタイルです。

コミュニケーションの大事さを実感します。

家族と暮らしたり、恋人と暮らしたり、職場を持っていると、好むと好まざるとに関わらず、毎日人と触れ合うことになります。 今の僕にはその環境が無い。日が落ちてくる頃には軽く凹むこともありますが、その分、人と合う事に大きな価値を感じます。 ただ会って一緒にお茶をしたりご飯を食べる、そして話をする、そんな当たり前の事がこんなにも有難い事なのかと思います。

日本にいた時には感じられなかった事です。

僕は自分で自分の事をアーティストだとか芸術家とかを目指して生きている訳ではないし、また自分で自分をそう名乗るつもりもありません。 ただ僕の今の生活スタイルは一般に会社勤めをしている人や学生なんかと比べて、随分と違うと実感します。 確かに絵を売って生活が成り立つようになったらそれでいいと思いますが、僕の場合は表現すること、発表すること、人と出会うこと、経験をすること、このサイクルで螺旋状に登っていくことが生きる第一の目的となっているので、それが芸術かどうかとかは関係が無いんですね。それで気分を良くした所で全く意味が無い。

いいものはいい。

なので、結果を期待して制作したり、生きて行くのとは随分と離れた所にいるのだと思います。 結果はあくまでも結果であって、それと関係なく、自分にとって感動できる作品を追求する。一日長く生きればそれだけ経験も増え、さらにいい表現が出来るようになる。 そこにはゴールは無いと思っています。いや、ゴールはあるんだけど、それは例えば0ゼロというのがゴールなんだけど、その絶対的なものというのはこの世界には存在しないと考えています。絶対的なものは意識の中にだけ存在し、この世にあるそれだけで不完全という考え方です。 ただし、ゼロに限りなく近づくことが出来る、その道程は無限です。小数点以下のゼロが無限に増えていきます。

絶対を志向して、終わりの無い道のりをじりじりと進んで行く。そんなイメージ。

この道って、何も答えが用意されていないんですよね、常に自分で考え、自分の感覚を頼りに選んでいく。 その先に作品を通してであったり、偶然の出会いがあって、その出会いが次に進むべき道を示してくれる。 でも感覚だけで生きて行くことは僕には出来ない。思い立ったら先の事を考えずに動くことも多いですが、普段は慎重派です。 健全な思考や哲学というものも同時に志向しています。それはインターネットでの情報収集や本を通じて得られる事が多く、それにどれだけ自分が実感として得られるかが大事だと思っています。

そういう思索や経験というものが土台にあって、行動というものに中身が伴う。 生きるということに対する僕の態度とでもいいましょうか、思いつくがままに今回はダラダラと書きました。

要はその時その時で次のミッションを自分で見つけてそこに向かっていく、ということの繰り返しなので、例えば展示が終わった後なんかはガクッと落ちるんです。 しかも一人でいる時間が果てしなく多いので、そういう時は気持ちのコントロールが難しい。 いずれにしてもいい環境にいるので、次に自分が燃え上がるのは何かを探している、もしくは待っている状況です。


最後に、オープンスタジオで発表した作品を中心に、新作をウェブサイトにアップしました。
よかったらご覧ください。
http://www.tomohisa54.com/index.html


2011年10月3日月曜日

【展示】「Open Studio vol.01」

このブログでは事後報告になってしまいますが、先月より2週間に渡って自宅で作品を公開していました。
友人、知人を中心に、声をかけて興味を持ってくれた人とそれぞれ時間を決めて来て貰いました。

それが昨日で一応日程を終了したので、感想をまとめました。
詳しくは以下のページよりご覧ください。

オープンスタジオ感想
http://www.tomohisa54.com/jp/event/201110_OP01/openstudio01.html

無理やりながらもドイツ語で作品を説明する毎日でした。
思いがけない出会いもあったりで、もがきながらも、じりじりと前に進んでいる実感はあります。

第2回目は11月後半を予定しています。


石塚