2013年5月4日土曜日

【近況】 33歳、そして今後の予定


順調におっさんです
(イスラエルの結婚式にて)



お陰様で僕も本日で33歳になりました。

facebookを中心に、数多くのお祝いのメッセージ、皆さんありがとうございます。

誰かを祝うのは好きだけど、祝われるのはこそばゆいので苦手です。

こっちの人たちは積極的に自分の誕生日会を主催する辺り、日本との文化の違いを感じます。

誕生日って、祝う側からすると、今まで無事に生きてきてくれてありがとう、という意味がこもっていると思うし、祝われる側からすると、大なり小なり支えてもらってきたことへのありがとう、の意味がこもっていると思う。

そういった意味で、今日は家族と電話をしたりメールをしたりして、彼らが元気に暮らしていることを確認出来て、すごく嬉しかった。

家族自慢をする訳じゃないけれど、色々ありながらも、お互いをとても大切に思い合っている家族に囲まれていることに誇りを感じるし、感謝の気持ちでいっぱいです。

この思いって歳を重ねるごとに大きくなって来るんだよね、僕もどんどん涙もろくなって行くのだろうか。



さて、折角の日なので、今後の確定、未確定の計画を色々とお知らせしたいと思います。


・ほぼ確定

2013年6月15日(土)~23日(日)
オープンスタジオ vol.3/自宅スタジオ、ベルリン、ドイツ

約一年半ぶりのオープンスタジオになります。
最近は旅行~旅行記の方に集中していたので、新作はこれから制作することになりますが、
自分を追い込む意味でも、まずは自宅スタジオでの発表ということに決めました。


2013年10月21日(月)~27日(日)
November, 2012/K.S.ギャラリー原宿、日本

日本での新作展は約3年半ぶりとなります。
作品自体は昨年行った「Painting|Newspaper」プロジェクトで描いたものになります。
ドイツの新聞を見て描いた作品なので、日本にいる方には楽しんでいただけると思います。

http://www.tomohisa54.com/jp/eventM.html


・交渉中
2013年8月
Das Porträt(仮)/ベルリン、ドイツ

これから友人を中心とした肖像画を描いていく予定です。
順調に行けば、ここで展示する作品をオープンスタジオの際に展示できればと思います。


2013年9月末
日の本の神話(仮)/ベルリン、ドイツ

日本の神話である古事記を題材とした作品を発表する予定です。
こちらの内容については、また追って紹介していきます。


最近は制作をしたいという気持ちはあるのに、なかなかキャンバスに向かえていない自分がいます。
当然そこに対する葛藤もあるわけですが、そういう自分の状況、心境も受け入れながら、自分をキャンバスの前に持って行かせるために出来ることをしようと、色々策を練っているところです。


それと来月はビザの切り替えがあるので、色々詰め込みながら、走って行きたいと思います。


最後に改めて、みなさん、33歳の誕生日を迎えさせていただき、ありがとうございます。




2013年5月3日金曜日

【旅行記】「イスラエル編 聖地エルサレム」 Part2


旧市街の地図



5月に入りました。
今年も早いもので既に3分の1が過ぎ去ったことになります。


さて、エルサレム旅行記も第2回目になります。

今回はキリスト教の聖地のひとつである、ヴィア・ドロローサを巡った際に感じたことをまとめています。


イスラエル編 聖地エルサレム
「第2回 旧市街、宗教について」
http://www.tomohisa54.com/jp/travelM.html




2013年4月27日土曜日

【旅行記】「イスラエル編 聖地エルサレム」 Part1


写真はヘロド大王門



本日より、こないだのイスラエル旅行について連載を開始します(不定期更新です)。

内容としてはエルサレムを訪れた2日間についてをエッセイで、残りの日程については写真で紹介していこうと考えています。

日記の性質上、というか僕が単に面倒くさがりなだけなのですが、話の前後が分かり難い所があると思いますので、その辺りはご勘弁いだたければ幸いです。


それでは拙文ではありますが、お楽しみください。


イスラエル編 聖地エルサレム
「第1回 テルアビブ~エルサレムへ」
http://www.tomohisa54.com/jp/travelM.html





2013年4月9日火曜日

【近況】イスラエル旅行

写真はエルサレムの嘆きの壁


3月25日から4月5日の日程でイスラエルに旅行してきました。

メインは友人の結婚式。ベルリンの語学学校で出会ったイスラエル人の友人が、普段はベルリンに住んでいるのだけど、式を地元で挙げたいということで、僕も含めて数人がベルリンから招待されました。

旦那さんはドイツ人で、彼の家族と友人もベルリンとケルンから参加。
なので向こうに行っても基本はドイツ語で、イスラエル人と会話をする時は英語でした。
僕の英語はもう酷い有様だったけど、毎日触れているとやっぱり少しずつ慣れてくるもので、英語もまたしっかり勉強したいと思わされました。

式はまるで映画のワンシーンを見ているようで、本当に感動的でした。

その他、死海とエルサレムにも観光で行って来ました。
その辺りの様子も今旅行記としてまとめているので、また機会があれば写真と共に紹介できればと思います。

今回のイスラエル旅行で、何気に10ヶ国目となりました。
数が多ければいいってものではないけれど、色々な国の文化、空気をこの身体と心で味わっているのかと思うと、感慨深いものがあります。


ベルリンもやっと冬が終わりを告げようとしています。



2013年2月18日月曜日

【旅行記】「フランス編 ゴッホを訪ねて」





久々の更新です。


先日、2月4日(月)~12日(火)の日程でフランスを旅行してきました。主な目的は、パリとその周辺のゴッホの縁の地を訪ねることと、ナンシーという街にいる友人を訪ねることでした。

特に前半はゴッホに焦点を当てて観光をしてきたので、去年のオランダ旅行に引き続き、今回の旅もまとめてみました。

前回はまとめるのにかなり時間をかけてしまいましたが、今回は旅から帰って来て、その勢いで一気に書き上げました。

と言っても前回ほど丁寧にやる余裕が無かったので、その時々でメモしたものにあまり手を加えずにそのまま載せてあります。その為、丁寧な文にはなっていないかもしれません。

また、合わせて映像作品も作りましたので、こちらもご覧ください。


ベルリンに比べてパリは物価も高く、治安もいいとは言えないと思います。
住めば都な部分はあるでしょうが、僕はつくづくベルリンに住んでいて良かったと思えます。

来月はイスラエル。
でもその前に、やるべきことが多くあり、その反面時間が無いことに少しストレスを感じます。
まあでもやりたいことがあるだけでも幸せなのだとも思います。


それでは拙文ではありますが、お楽しみください。



「フランス編 ゴッホを訪ねて」
http://www.tomohisa54.com/jp/travelM.html









オランダ旅行で撮りためた写真と、録りためた音、そしてピアノで作成した映像作品
「France in February 2013」















至高のファン・ゴッホ
クローラー・ミューラー美術館協会



2013年1月22日火曜日

【近況】年越しと大好きな画家の展示、そしてこれから






明けましておめでとうございます。

新しい年になって、既に20日が過ぎましたが、今年ひとつめの記事をアップします。


2012年の年越し


年越しは友人宅で過ごしました。
相変わらずこっちの年越しは賑やかなのですが、もう3回目の僕としては少し食傷気味で、
日本の静かな大晦日の方がいいなあと思うこの頃です。

まあそれでも、こうやって大晦日を一緒に過ごせる友人に恵まれたというのは嬉しいことです。






大好きな画家の展示


僕の大好きな画家の展示がベルリンで開催されるということで、
オープニングパーティに行って来ました。

僕がまだ日本に住んでいた時に、とある雑誌で彼の作品を見たのが最初で、
以来、彼の動向はいつも気になっていました。

去年のいつだったか、彼をfacebookで見つけて、friendになっていたところに、
先日この展示の案内が届きました。

現在生きている作家、特に画家で僕が彼のようにすごくいいなと思える人って
本当に数える程しかいないので、その分、今回はかなり興奮しました。

少し話もできたし、記念撮影もしてもらって、久しぶりにミーハーな気分になりました。

僕を知る人からは、特に彼の今回の作品は、僕の作品と似ていると言われました。

僕自身も、何かしら共通するところがあるから共感するのだろうと思っています。


Jesper Waldersten
http://waldersten.com/






また話は変わりますが、昨年末に最新のiPod touchを買いました。

コレすごいなあ、ネットに繋がっていればアプリ次第で無料通話も出来るし、
画像はきれいだし、サクサク動くし、簡単な動画の編集も出来る。

もともとは写真が撮れて音も録音できて動画も撮れるというので、
僕の映像作品を作るのにいいだろうなと思って買ったのだけど、
それまで僕が持っていたiPod touchが第二世代だったので、ここまで進化しているのかと、
正直かなり驚いています。

ちなみに、この2つの動画もiPod touchで作成しました。


ただ、あんまり便利なものだから、依存癖に気をつけないと直ぐに時間を奪われてしまう。


来月はフランスに観光に行ってきます。
ゴッホのパリ時代と死ぬ直前に暮らした街を訪ねて、ちょっと季節はズレますが、
彼が眼にした光景を、今度は僕の眼で辿ってきたいと思います。

もともとはそれが目的では無かったのですが、これも何かの縁と思い、
もう一度ゴッホという画家について考えてみる機会にしたいと思います。

その後はナンシーという別の街にいる友人を訪ねて、全部で1週間の旅になります。


3月はイスラエル人の友人の結婚式がイスラエルで行われるので、それに行って来ます。
色々と物騒なニュースが飛び交っていますが、彼の国は僕にとっては初なのですごく楽しみです。


また、今年は制作においてひとつ大きな計画を考えているので、近々この場で発表して行きます。



それでは今年もよろしくお願いいたします。



僕のホームページ
http://www.tomohisa54.com