このブログについて


このブログは、僕が絵描きとして海外で新しい挑戦をするにあたって、活動の足跡を残すものとして開設しました。
そういうこともあり、基本的には写真と、メモ帳のような雑文で占められることになると思います。


僕は21歳の時から本格的に絵を描くようになりました。
絵を描くことになった経緯については、下記で詳しく紹介されているのでここでは省きますが、そこから30歳になる今年まで、その大半を東京で過ごし、原宿のギャラリーを軸にして、定期的に個展を開くことで作家活動をしてきました。

そこでは作品を通じて数多くの素敵な出会いがあり、その後の進路を決定付けるような出来事もありました。
それがまた新しい作品を生み出す上での大きな刺激となり、このサイクルは自分にとっても満足できるものでした。

ただ一方では、時折出会う外国の人たちの作品に対する自然な反応と、過去5回の海外旅行を経て、外国の文化への興味が日に日に高まっていくことも実感していました。
そして、旅行をする度に強く思ったことは、観光で短期間滞在することと、長期で滞在してそこで生活することは、感じ方も全く違うんだろうなということでした。

最終的には、色々なタイミングが重なって、ワーキングホリデービザでドイツへと来ることになりました。
選択肢は他にもありましたが、比較的容易に長期滞在が可能であるということ、歴史的にも興味深いベルリンの街に住んでみたかったということで、ドイツになりました。

これからは、また、日本にいた時のように、一人でも多くの人に作品を観てもらうべく、生活の中で作品作りをし、展示をする場所を探していきたいと思います。

これは、そういう人間のブログです。



僕の作品が見れます。
石塚智寿ウェブサイト「TOMOHISA54」
http://www.tomohisa54.com


 <参考>
 僕が絵を描くきっかけなどをインタビューしてもらいました。
 「あきたのかお」
 http://www.akita-kao.com/

 日本でいつも利用させていただいていた画廊。
 「K.S.ギャラリー原宿」
 http://www.hpi-j.co.jp/~ksg/